社会のタネ

社会科を中心に、アートや旅の話などもあれこれと。

253 『吉祥 2020年代の始まり』三木美術館2019.12.22(日)

73『吉祥 2020年代の始まり』三木美術館2019.12.22(日)

三木美術館。

f:id:yohhoi:20191222203648j:plain

姫路に帰ったときによく寄ります。

たった300円でいつも楽しませてもらっています。

今回は「吉祥」ということで、松竹梅をはじめ、富士山や日の出、鶴等の文様中心の展覧会。

めでたい。

f:id:yohhoi:20191222203651j:plain

個人的に田崎廣助氏の作品が気に入りました。

 

だれもいない中、牧進氏の「嘉日双鱗図」をゆっくり観られることも毎回の楽しみでもあります。

f:id:yohhoi:20191222203645j:plain

 

www.miki-m.jp

251 地域に根ざす実践

「子どもの可能性」
「教師の専門性」
「地域に根ざす教育実践」
というテーマが一つの構造をもって展開されてる鈴木正気氏の実践。
 
科学的認識を育てる地域に根ざす実践。
日常の世界から科学の世界へ子どもたちをわたらせるために抽象思考をはたらかせる方法。
 
優れた実践を丁寧に読み解いていくことを怠らないようにしたいものです。

「地域に根ざす」という言葉は、やっぱり自分にとってのキーワードでもあります。f:id:yohhoi:20191215214144j:plain

250 アクティブラーナー

f:id:yohhoi:20191024120418j:plain

f:id:yohhoi:20191024120423j:plain


この子のすごいところは、気になったことを調べたり訊いたりして、
「実際に訪問する」
というところ。
ほんの小さなきっかけが大きな追究につながる。
素直に感動。
ちなみに訪問した先はどこも親切だったとのこと。
そりゃそうだよな。
こんな小学生が来たら嬉しいだろう。

249 記憶に残っている絵

原田マハの小説を読んでふと思った。
自分の記憶に残っている絵は、
ジョルジュ・スーラの「グランド・ジャット島の日曜日の午後」。

f:id:yohhoi:20191209110737j:plain
自分が子どもの頃、ピアノがあった部屋に飾られていた。
「この絵、いっぱいの点でどうやって描いたんだろう?」
とか、子どもながらの素朴な疑問をもっていたことを思い出す。
その絵を含めたその部屋の風景がはっきりと残っている。
結局なぜその絵がそこに飾ってあったのかはわからない。
しかし、自分の記憶の中に鮮明に残っていることは確かである。
いつかシカゴ美術館へ観に行きたいものだ。

 

(2018.12.9fbより)

248 『常設展示室』原田マハ

【『常設展示室』原田マハ

f:id:yohhoi:20191209110828j:plain
「群青」「デルフトの眺望」「マドンナ」「薔薇色の人生」「豪奢」「道」
の6篇からなる短編小説。
基本、短編小説は好まないのだが、これはワクワクして読めた。
作品のテーマと絵をどのように結びつけているのか。
どの場面で何の絵が登場するのか、楽しみであった。
「道」は原田氏がもの書きになった時から書きたかった作品ではなかっただろうか。
と、勝手に想像する。
個人的には「マドンナ」も心に残った。
きっとその時の年齢や状況によっても受け取り方は変わるのだろうな。

 

(2018.12.9fbより)

247 『神業ニッポン 明治のやきもの―幻の横浜焼・東京焼―』兵庫陶芸美術館2019.12.7(土)

72『神業ニッポン 明治のやきもの―幻の横浜焼・東京焼―』兵庫陶芸美術館2019.12.7(土)

f:id:yohhoi:20191207200810j:plain

幕末から明治にかけて世界へと門戸を開いた日本。

欧米で開催された万国博覧会に陶磁器や漆器などの美術工芸品を出品しました。

それらはジャポニスムと呼ばれる日本趣味の流行の契機となりました。

これらが「幻」と言われるのは、輸出品のため、国内に残されていないからです。

今回の展覧会は、それらの作品の里帰りです。

f:id:yohhoi:20191207200802j:plain

当時の技術、すごすぎます。

一部しか写真が撮れなかったので、ぜひ自分の目でみてほしいです。

それにしても、海外に散逸していた作品をこんなにもよく里帰りさせてくれました。

そのコレクトに敬意を払いたいです。

f:id:yohhoi:20191207200759j:plain

 

f:id:yohhoi:20191207200756j:plain

 

246 プロージェント

最近頭痛がひどくて困っています…(>_<)

僕の場合、頭痛が目の痛みにつながったり、目の疲れが頭痛につながったりしています。

目も随分やられていました。

 

いいもの入手しました。

「プロージェント」。

ハードコンタクトレンズ用タンパク洗浄液。

f:id:yohhoi:20191206211551j:plain

これ、めっちゃいいです。

たった30分の使用でレンズについたタンパクや汚れがみるみる落ちます。

強力ですw

視界スッキリ。

痛みも嘘のようになくなりました。

ブログタイトルにあまり関係ないのですが、感動したので掲載しました(^_^;)

 

ただ、僕にはたまたま合っていたということだけなのかもしれませんので、あしからず…。

 

245 父と娘

「弓ヶ浜、植田家の食卓、夏まつり、母のこと、終戦の日、風船ガム、とんどさん、犬たち、ファッション道楽、リハビリetc.
―愛娘カコちゃんが、父・植田正治の日々の暮らし、撮影の秘密をはじめて明かす。
1930‐50年代撮影の未発表写真21点+代表作26点を収録。」

f:id:yohhoi:20191115075445j:plain


とってもいい。

ほっとする。
家族愛、親子愛に溢れた本書。
娘でなければ書けないだろうエピソードの数々が満載。
植田氏の素顔も十分に知れた。
未発表写真がみられることも嬉しい。
また「植田正治写真美術館」へ行きたくなった。

 

 

 

244 第19回『小学校学習指導要領解説〈社会編〉』を読みこむ会2019.12.19(金)

【第19回『小学校学習指導要領解説〈社会編〉』を読みこむ会】

日時12月19日(金)18:3020:30

場所三田まちづくり協働センター

会費参加者で割る

内容『教材づくりの発想』藤岡信勝日本書籍

f:id:yohhoi:20191202142221j:plain

事前に読んでおき、気になる内容、疑問に思う内容について対話する。

少人数でディープに学びます。よろしければご参加ください。

(持参物)

必須・・・『教材づくりの発想』藤岡信勝日本書籍) ➡書籍がなくてもお気軽に参加ください

◎これまでの経過と今後の予定

第1回  5月30日 社会科の内容構成、歴史学習について

第2回  6月20日 5年生の目標 産業を発展させる情報

第3回  7月26日 総説(改訂の趣旨)

第4回  8月21日 総説(社会的な見方・考え方)

第5回  9月18日 総説(社会科の目標)

第6回  10月24日 第3学年

第7回  11月26日 第4学年

第8回  12月20日 第5学年           

第9回  1月23日  第6学年  

第10回  2月6日  第6学年(歴史単元)         

第11回  3月28日 第4章(指導計画の作成と内容の取扱い           

第12回  5月30日 小学校 新学習指導要領 社会の授業づくり(明治図書

第13回  6月27日 小学校 新学習指導要領 社会の授業づくり(明治図書

第14回  7月31日 社会科授業構成の理論と方法 (明治図書) 第1章

第15回  8月22日 社会科授業構成の理論と方法 (明治図書) 第2章

第16回  9月24日 社会科授業構成の理論と方法 (明治図書) 第3章

第17回  10月18日 社会科授業構成の理論と方法 (明治図書) 第4章

第18回  11月29日 『社会科の授業設計』 『社会科授業の分析』(東書TMシリーズ)

第19回  12月19日 『教材づくりの発想』藤岡信勝日本書籍)  ☚次回はここです

f:id:yohhoi:20191202141932p:plain